仕事・転職・キャリア

【大企業で無能化したくない】現状を変える3つの心がけ

大企業 無能化

大企業ではスキルがつかず、転職市場では評価されない。

今の会社以上に自分を評価してもらえる会社が無い。

このまま、今の会社にしがみつくしかない。

大企業に就職し、ぬるま湯に浸かったまま特に自己研鑽にも励まない人の末路です。

大手インフラ企業に7年勤める筆者が、大企業で無能化しないためにできることを考えてみました。

同じような不安、悩みを抱える方の参考になれば幸いです。

この記事を読めばわかること

✔ 大企業で無能化しないために心がけるべきこと

大企業の社員が無能化する仕組み

負け組

仕事の領域が小さい

大企業では組織構成と業務分掌の整理がきちんとされているため、1人の社員が担当する仕事の領域が小さいです。(工場のライン作業をイメージしていただければ分かりやすい。)

したがって、自分の担当する業務が経理や法務など、他の会社でも使えるスキルであれば良いのですが、

その会社ならではの仕事を担当している場合、外の会社で使えるスキルがつかないことが多い傾向にあります。

会社の外では役に立たない仕事が多い

前項でも述べた、その会社ならではの仕事として「組織を運営するために行う仕事」が挙げられます。

大企業は1つの部署だけでも人数が多いため、それぞれの部署に総務的な役割を担う箇所が存在するのですが、それが正に「組織を運営するために行う仕事」となります。

このような仕事を担当していては、実務経験を積み上げることができないまま時が過ぎてしまうのです。

転職活動の際も業務経験として書く内容が無いのは容易に想像できますよね。

キャリア形成に結びつかない人事異動

組織の新陳代謝を良くするべく存在するジョブローテーション(人事異動)により、キャリア形成を自分の意向通りに進めることができません。

「やっと身に付いてきた」というタイミングで、数年所属した部署から全く仕事内容の異なる部署への異動があるため、自分のキャリアを描くというのははっきり言って難しいです。

大企業でも優秀な人はいる

ビジネスマン モテる

大企業はなくてはならない仕事があるはずで、それを動かしている人がいるのも事実です。

その組織で圧倒的なスピードや判断力で会社に貢献している人を目指すというのも一つの手ではあります。

ただ、ここに魅力を感じない人は一刻も早く転職し、自らのスキルを高めることをおすすめします。

大企業で無能化しないために心がけるべき3つのこと

まとめ

①仕事内容に一喜一憂しない

一見何の意味があるの?と感じる仕事も、突き詰めて考えれば誰かの役に立っているのかもしれませんし、本当に意味のない仕事かもしれません。

私が大企業で働く中で感じることは、会社の中に転がっている無数の仕事1つ1つに意味を見出していたら”キリがない”ということです。

意味のない仕事は、その意味を考えるのではなく、

「どうすれば少しでも早くその仕事が終わるか」

「その仕事を効率化する方法は無いか」

といったように、自身の仕事のスピードや効率性を高めることに重きを置いて考えると、意味のない仕事も、「自分の成長に繋がる仕事」になります。

②出世して会社に無くてはならない存在になる

会社の中で自分の存在価値や自分の役割を築くことは、「無能化」から脱却するための1つの方法です。

無能化社員に陥る理由の多くが、自分の存在価値を感じることができず、結果として仕事へのモチベーションが下がってしまうことだと思われますので、とにかく出世して、自分の立場、存在価値を生み出すことが重要と言えます。

③市場価値を高めるべく自己投資に励む

「今の会社を辞めても安心」と思えるように、例えば次のような自己投資をしてみるのも良いです。

  • 英語の勉強
  • プログラミング
  • 資格取得

今の会社では必要のないスキルでもスキマ時間を作って自己投資に励むことで、実際に転職する必要が生じた時に、「あの時やっておけば良かった」なんてことのないようにしましょう。

無能化する前に行動を起こそう

この記事では、大企業に勤める社員が無能化しないために心がけるべきことについてご紹介してきました。

◆大企業の社員が無能化する仕組み

①仕事の領域が小さい
②会社の外では役に立たない仕事が多い
③キャリア形成に結びつかない人事異動

◆大企業で無能化しないために心がけるべきこと

①仕事内容に一喜一憂しない
②出世して会社に無くてはならない存在になる
③市場価値を高めるべく自己投資に励む

しかしながら、大企業で働く中で無能化しないために、

「上記の心がけはしているが、現在の会社では将来のイメージが描けない。」

という方は、転職や副業を始めてみることで、手っ取り早く無能化からの脱却を検討してみることをおすすめします。

①転職を検討する

大企業で働いた経験を元に他の企業への転職を検討することは1つの方法です。

自分の「働くうえで大事にしたいこと」が、就職活動をしていた時よりもリアルにイメージできるはず。

改めて「自分に合った仕事」を探すのは新しい自分を見つける良いきっかけになります。

転職サイトは無料で登録できるので、転職は考えていないという場合も登録しておくことをおすすめします。

なぜなら、転職サイトに登録をしておくことで、自分の希望に沿った求人情報がメールで届き、常日頃から「転職するという手段がある」ことに気づくことができるからです。

Ken

私も直近での転職は考えていませんが、気づきを得るために転職サイトへの登録はしていますよ。

転職サイトへの登録は業界大手のリクナビNEXTで決まり

✔ 業界大手リクルートが運営する転職支援サイト
✔ 条件を事前に登録することで毎週更新日に新着求人の情報が届く
✔ 企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウト登録機能有り

\登録は0円、たったの5分/

②副業を始める

副業を始めるのは次のような方へおすすめです。

  • 会社の給料だけに頼らず自分で稼ぐスキルが欲しい
  • せっかく大企業に入社できたのに、今すぐ転職する勇気は無い
  • 転職しても、転職先の待遇が今より劣ると思っている

大企業は待遇面では恵まれていますし、福利厚生も手厚いため、スキルが無い状態で転職しても生活水準が下がってしまうというのが実情です。

ですが、副業を始めることで次のメリットがあります。

  • 会社以外の収入源を生み出すことができる
  • 収益を出すため必要な「稼ぐスキル」が身につく

もし本業の傍らで副業を始める時間的余裕があるのであれば、今すぐ副業を始めて「会社の給料だけに頼らない自分」へ成長しましょう。

「本業が忙しくて副業をやる時間なんて無い」

という方は、【1日2時間】一流に一歩近づくための時間の作り方も合わせてお読みください。

 

以上、大企業にしがみついて無能化する前に何ができるかを考えてみましょう。

ABOUT ME
でんけん
旧帝大卒/大手インフラ企業に7年勤める1児のパパ/「良い大学に入って良い企業に入る人生=幸せ」の1歩先を目指しています。”サラリーマンを楽しみつつ継続自己投資”がモットーです。