出産・育児

【生後1ヵ月】愛娘の子育て記録

こんにちは。

Kenです。

我が家の愛娘の子育てに奮闘する毎日ですが、妻と一緒に試行錯誤してきた育児について記録を残しておきたいと思ったので、実際に経験して感じたこと、悩み、良かったことを書き連ねていこうと思います。

この記事について

✓ 筆者は20代会社員で0歳4ヵ月の娘がいます。
✓ 生後1ヵ月の娘が「できるようになったこと」を書きます。
✓ 生後1ヵ月の娘を育てる際に「困ったこと」についても書きます。

生後1ヶ月でできるようになったこと

周りが少し見えてきた

だんだんと外の世界が見えてきたのか、私が声をかけると私の方を向くようになりました。
この時期には、音の出るおもちゃや、優しく話かけてあげるなどの刺激を与えるように意識していました。

初めてのお風呂

産まれてからベビーバスでの沐浴でしたが、生後1ヶ月が経過してからは、一緒に湯船につかることができました。
最初は不思議そうな様子で、水の中が怖いのか両手を胸元に握りしめながら周りをキョロキョロ見ます。
身体を洗う際には次の点について注意しましょう。 

・泡立てた石鹸(赤ちゃん用シャンプー)を利用
・首元や太ももとお腹の間など、ムレやすいところは丁寧に洗う
・石鹸の洗い流しが無いことを確認する

お風呂は気持ちが良いのか、よくおならが出ます。

生後1ヶ月の悩み

乳児湿疹発生!保湿は大切

産まれて1週間が経過した頃、顔の頬と首回りに湿疹が発生しました。痒そうで、かわいそうに思っておりましたが、本人にはその様子も無く・・・
沐浴上がりの保湿をしっかり行ったところ、1ヶ月になる頃には湿疹が無くなり一安心。
ちなみに、首回りはよだれが溜まりやすく汚れやすいので、お風呂でしっかり洗って、保湿ケアをきちんとすることで改善しました。
それ以降も、多少肌が荒れることはありましたが、今のところ生後1週間~2週間ぐらいが最も乳児湿疹が酷い状況でした。

Ken

乳児湿疹は一時的なものなので、気にしすぎない方が良いです。

生後1ヶ月の育児で実際に経験して良かったこと

寝かしつけに最適な音

生後1ヶ月は睡眠時間が長く取れないため、妻は3時間ごとの授乳(たまにミルク)を繰り返します。 
寝かしつけは夫としても積極的に協力していきたいところですが、寝かしつけは慣れるまで本当大変です。 

4ヶ月経った今も決して慣れてきたとは言えませんが・・・

 私が実際にやって良かった寝かしつけの方法をご紹介します。

それは、

✓ ビニール袋のカシャカシャ音を聞かせる
✓ 餅つき機の音を聞かせる

 1つめのビニール袋については、親なら誰でも知っている強力な道具ですよね。あのカシャカシャ音があれば、落ち着いて寝られる子が多いと思います。どの家庭にもビニール袋があるはずなので、準備という面でも最良です。

2つめの餅つき機の音。実は我が家で最も活躍した寝かしつけ音はこれでした。

餅つき機の音を発見したきっかけは、家で餅つき機を動かしている時でした。

娘を抱きながら、餅がこねられている様子を見ていると、娘があっという間に寝入ったのです(驚き)

Ken

「これは!」と思い、その後に餅つき機の音を録音しました。

録音した餅つき機の音は夜中枕元に置いていたよね。

生後1ヶ月のお子さんがいらっしゃるパパママへ
餅つき機の音、本当にオススメです!
もし良ければ、録音した音も配布させていただきます。

参考に、機械が動く音であれば同様の効果が見られるかもしれません。(掃除機とかエンジン音など)

まとめ

生後1ヶ月の赤ちゃんについて、私なりにまとめました。

☑︎ 周りが少し見えてくる
☑︎ 乳児湿疹に注意→保湿ケアで徐々に治るため気にしすぎない
☑︎ 寝かしつけには餅つき機など機械の音が効果的

以上、これから産まれてくる後輩赤ちゃんたちの参考になれば、更に嬉しいです。