仕事の悩み

残業40時間はありえない?「普通でしょ」と思ったあなたの常識は世間の常識?

残業40時間 ありえない
悩める人

✔ 毎月の残業が40時間を超えている
✔ これって普通なの?
✔ 残業40時間の生活から脱却したい

この記事では、大手インフラ企業に勤めるアラサー会社員が、自身の経験を元に上記の悩みにお答えします。

この記事を読めばわかること

✔ 残業40時間を強いられるよくある原因
✔ 残業40時間の生活から脱却する方法

残業に慣れてしまうと、感覚が麻痺してきます。

残業40時間と聞いて・・・

働きすぎ or 楽勝

どちらの感想を持ちますか?

自分や自分の会社の常識は、世間の会社の常識から外れてる可能性がありますから、世間の「一般」を理解しておく必要があります。

でんけん

この記事を書いているのは、大手企業に勤めるアラサーサラリーマン。

人事部に所属しています。

残業月40時間は普通なのか

出世できない どうなる

残業月40時間の場合、1ヵ月を20営業日を前提とすると

  • 毎日2時間の残業
  • 毎日の帰宅時間の平均は20時~22時

といった生活がイメージできます。

そこで残業時間や帰宅時間に関するデータを見てみましょう。

厚生労働省が毎月発表している毎月勤労統計調査によると、2020年10月のデータで全産業平均13.7時間と公表されています。

こちらのデータと比較した場合、月40時間は多いことが分かります。

毎月の残業が40時間を超えると法律違反になることも

あなただけ

そもそも、厚生労働省のHPには次の記載があります。

「残業時間は、原則として月45時間・年間360時間とし、臨時的な特別の事情が無ければこれを超えることができません」

上記の取り決めは36協定といわれ、この協定を有効とするには、労使間で取り交わし、労働基準監督署へ届け出る必要があります。

ただし、仮に40時間が12か月続いた場合、年間の残業時間は480時間となり、協定の値を超過してしまいますので法律に抵触するおそれがあります。

ちなみに、残業を月に40時間して残業代を稼ぐよりも、別の収入源を作った方が給料が減るなどのリスクを下げることができます。

【意外と簡単】普通のサラリーマンでも月1万の小遣いを稼ぐ方法6選」では、普通のサラリーマンでも本業以外の収入源を作る方法について述べています。

残業時間別の繁忙感レベル

働きかけ

前述のとおり、大手企業で働くサラリーマンの1人である筆者がこれまでの社会人歴から感じる月あたりの残業時間ごとの繁忙感レベルをまとめてみました。

残業時間/月繁忙感レベル
5時間昼間も暇、辛くない
10時間昼間も暇、辛くない
20時間昼間暇な時もある
帰りが遅くなる日は月に1・2回程度
30時間昼間やることは絶えない
帰りが遅くなる日は週に1・2回程度
40時間昼間やることは絶えない
帰りが遅くなる日は週の半分程度
60時間仕事に追われる日々ねるあけ
家に帰ったら夕食食べて寝るだけの日々

>>【残業20時間はきつい?楽?】月平均の残業20時間がちょうど良い理由

>>残業30時間/月はホワイト企業?世間の平均残業時間は?

>>【月に残業60時間はきつい?】大企業社員が経験したリアルな生活を公開

でんけん

会社の雰囲気や個人の価値観によって変わるかと思いますが、上記はあくまで筆者の感じた繁忙感のイメージです。

月の残業40時間は、落ち着いた生活が送れるギリギリのラインかと思います。

残業40時間を強いられる「よくある原因」

残業40時間を強いられる原因について、よくあるものを考えてみました。

  • 職場が人手不足
  • 繁忙期
  • 仕事が偏っている
  • 残業が当たり前の雰囲気で無駄に残業している

職場が人手不足

職場が人手不足の場合、1人あたりの仕事量が増えますから、残業せざるを得ないことがあるでしょう。

人手不足で辛い場合は、人事担当や上司に職場の状況を伝えなければ何も変わりません。

ですが、人を1人雇うだけでも会社としては莫大な費用がかかります。社員1人を採用するのは、いわば投資です。

社員を増やすのは、効率化の工夫や業務負荷の平準化を図っても状況が改善しない場合の最終手段と言えるのではないでしょうか。

ですから、会社としては現行のメンバーで仕事を回したいと考えるため、1人あたりの仕事量が増え、残業せざるを得ない状況に繋がります。

繁忙期

筆者個人としては、業務繁忙期の月40時間残業なら、まだマシな方なのではないかと思います。

繁忙期ということは、他の月は40時間よりも少ない残業時間であるはずですよね。

それでも、

『繁忙期でさえも40時間の残業はありえない』

と言うのなら、

  • 繁忙期に集中している仕事を他の時期にずらすことはできないか?
  • 繁忙期に行っているルーティン業務は省略できないか?

など工夫するしかありません。

仕事が偏っている

部署単位での仕事量が多いのではなく、特定の社員に仕事が偏っていることもあるでしょう。

【自分だけ仕事量が多いのが不満】仕事量を減らす方法としてはいけない振る舞い」にも書いていますが、次のような性格の人は仕事が偏りやすいです。

  • 仕事を断るのが苦手
  • 仕事を人に振るのが苦手

ただし、仕事が偏っているのは周囲から信頼して仕事を任されているという可能性もありますから、見極めが難しいところです。

ただし、誰にでもできるような仕事の頼みを断ったり、他の人に振ることが苦手な人は残業時間が多くなりがちです。

残業が当たり前の雰囲気で無駄に残業している

残業が当たり前の会社、残業している人が偉いという風潮がある会社に勤めていれば、月40時間の残業なんて普通かもしれませんね。

残業が当たり前となっている会社の実態について「「残業が当たり前」になっている会社が変われない理由を中の人が語ってみた」で書いています。

ちなみに、残業が当たり前の会社の特徴は次の共通点があります。

自分以外の社員が残っている

人は周りの環境に大きく左右されます。

定時が終わったにも関わらず自分以外の社員が残っていると、自分も残らないといけないように感じてしまいます。

同調圧力が働くのです。なぜか「お先に失礼します」を言うのに勇気が必要なんですよね。

逆に、残業中、職場に人が少なければ、寂しさもあり『仕事は終わらせて早く帰ろう』と思うでしょう。

仕事が終わったのに、なんとなく周りの環境に合わせてしまうことが1つの原因です。

また、周りの社員同士の残業時間におけるコミュニケーションが多い場合、先に帰るのはなんとなく気が引けてしまうこともあります。

先に帰ることで、重要な話から遅れをとったり、仕事への意識が低いと思われないか不安になります。

上司が残っている

上司が自分よりも遅くまで働いていると、次のようなことを考えてしまいがちです。

『早く帰ろうとする自分に不満を感じていないか』
『上司より早く帰ると評価が下がるのではないか』

上司が早く帰ってくれると気が楽ですよね。

上司が残業している場合、何かできること、手伝えることが無いか確認して何も無ければ帰りましょう。

ただただ気を遣って付き合い残業する必要は無いのです。

「もっと年収が上がらないかな・・・」

「自分に向いている仕事ってなんだろう・・・?」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: キャプチャ-21.jpg

マジキャリなら・・・

✔ 自分の強みを引き出してもらえる。

✔ キャリアプランについて、プロに無料相談できる

\専属キャリアコーチの一覧を見るなら/

残業40時間の生活からホワイトな環境へ変える方法

リストラ 特徴

それでは、残業40時間の生活から脱却し、自由な時間を手に入れるための方法を考えてみましょう。

  • 仕事を効率的に進める
  • 部署異動を申し出る
  • 割り切って”残業しない人”になる
  • 残業が少ない会社に転職する

仕事を効率的に進める

残業を減らすために個人で取り組むことができる第一の方法は、目の前の仕事を効率化することです。

①タスクリストを作る

まずは自分の仕事がどれだけあるのかを視覚化しましょう。

タスクリストを作ることで、頭の中が整理されます。

仕事で「やることが多い」と感じているときは特に書き出してみることをおすすめします。

なお、ただタスクリストを作るのではなく、次のポイントを意識することで活用できるタスクリストになるでしょう。

✔ やることは具体的に書く
✔ 時間を見積もる
✔ 帰る前に翌日のやることを整理する

②仕事に優先順位をつける

ToDoリストを作ったら、次に優先順位をつけていきましょう。

納期が短いものや人にお願いしなければならないものは優先度を高めに。

納期が長いものや、自分1人で完結するものは優先度を低く設定します。

そうすることで、「残業してまでやらなければいけないこと」が明確になります。

裏を返せば、「その日に残業してまでやらなくても良いもの」が分かります。

だらだらと目の前の仕事をこなすのではなく、メリハリのある計画を立てることで、残業しない日を作ることができる気がしませんか?

③思考力が必要な仕事は残業時間にやらないと決める

  • アイデアを出さなければいけないもの
  • 多くの情報を扱うもの

上記のような頭を使う仕事は、とにかく朝やりましょう。

1日の仕事で頭が疲れているはずなので、残業してやるべき仕事は単純作業に充てることが最も効率的です。

アイデアや文章を考えるような、思考力が必要な仕事。
どうしても残業時間でやりたい場合は、残業時間で5割の完成度で手を止めましょう。
翌朝、頭がスッキリした状態で5割を10割にするとスピードもクオリティも良いものに仕上がります。

部署異動を申し出る

同じ会社でも、残業が多い部署と少ない部署がありますよね。

残業が多い部署に居ると、仮に同じ仕事量でも残業が増えます。これは筆者の感覚的な部分もありますが、意外と正しいのではないでしょうか。

なぜなら、先にも述べたように、残業の多い部署には次の2つの共通点があります。

  • 遅くまで会社に残っている社員が多い
  • 上司が遅くまで残っている

その環境に身を置くだけで、周りの環境に自分も合わせてしまい、自然と残業が増えます。

したがって、残業の少ない部署に異動希望を出すことは、残業を減らす方法として重要なポイントではないでしょうか。

割り切って”残業しない人”になる

あなたが残業している理由は何でしょうか?

  • 仕事が終わらない
  • 帰りづらい
  • 残業代目当て
  • 家に帰りたくない・・・

残業している人にはそれぞれ理由があると思います。

ですが、本当に残業しないと仕事は回らないのでしょうか?

真面目で責任感のある人ほど、誰からも文句のつけられない仕事をしようと思うがあまり、自ら仕事を増やしてしまうことがあります。

割り切って「残業せずに帰るキャラ」になってみて見える世界もあると思います。

ここまで残業を減らすためにできることをお伝えしてきましたが、既に残業40時間以上の生活に限界を感じている人もいるでしょう。

悩んでいるのであれば、転職活動を始めるべきです。

うまくいかなかったら転職をやめればいいだけの話です。

ホワイト企業に転職するなら

あなたが入りたいホワイト企業への転職を成功させるコツは次の2点です。

  • 今の会社を辞める前に転職活動をする
  • 転職サイトと転職エージェントを複数併用する

とその前に、自分にとってのホワイト企業とは何か?を考えるのは転職を成功させるためにとても重要です。

今の会社を辞める前に転職活動をする

転職で失敗しないためには、仕事を辞める前に転職活動を始めて内定を貰うことです。

仕事を辞めてから転職活動を始める場合のリスクとして、なかなか内定が決まらず生活に困り、焦って転職先を決めてしまう可能性が挙げられます。

リクナビNEXTが転職経験者にアンケート調査を行い、転職活動のタイミングについて聞いてみたところ、「働きながら転職活動した」という方は76%と、全体の約3/4を占める結果に。逆に「会社を辞めてから転職活動した」と答えた方は18%。転職活動は仕事と両立して行う人が多いようです。

引用元:リクナビNEXT「転職活動のタイミング」

以上のデータからもわかるとおり、転職活動は在職期間中に進めるのが一般的だということですね。

転職サイトと転職エージェントを複数併用する

2点目は転職サイトでスカウトお待ちながら、転職エージェントと面談対策や非公開の求人を紹介してもらうイメージです。

もし転職するか悩んでいるのであれば、転職サイトの登録だけでもいいでしょう。

\簡単5分かつ完全無料/

時間が無ければ、職務履歴書の登録が必要ないRe就活から登録してみましょう。

\簡単5分かつ完全無料/

Re就活 新規会員登録完了

Re就活の特徴

・未経験化の求人が豊富
・20代満足度No.1の転職サイト
・転職イベントの評判が高い

Re就活は、未経験での転職に強い転職サイトです。

20代の求人情報に強く、第二新卒やフリーター・ニート向けの求人も豊富。

他の転職サイトに比べて登録も簡単で非常に20代向けのコンテンツが充実しています。

初めて転職サイトに登録するなら、非常におすすめできる転職サイトといえるでしょう。

今の自分ならどのような条件の求人があるかだけでもチェックしておくだけでも、転職活動ではアドバンテージになります。

よい求人があれば、そこから本格的に転職を考えるのもひとつですね

\登録はたったの1分/

Re就活 新規会員登録完了

登録するだけで、思わぬ優良企業からスカウトが来ることも。

転職にとって一番大事なのはタイミングであり、「去年まで出ていた優良求人が今年は応募してない」なんてこともあります。

悩んでいてなにもしないのが一番のリスクなので、後悔だけはしないようにしておきましょう。

やっぱり転職を始めてみよう

本格的に転職を決断したら、転職サイトだけではなく転職エージェントも活用しましょう。

ちなみに登録したからといって、こちらも必ず転職しないといけないわけではありません。

無料で使えますし、使うことによって転職の成功率は格段に上がります。

一点デメリットを挙げるとすれば、転職エージェントは担当者によってどうしても当たり外れがあるということ。

しかしこれらは、転職エージェントを複数登録することによって解決できる問題です。

転職エージェントは幅広く求人情報を集めるためにも、複数登録がおすすめです。

リクナビネクストの調べによると転職者は、平均で4.2社の転職サービスを利用しているそうですよ。

つまり転職を成功させるのであれば、複数登録は必須といえますね。

参考までに、満足度が高かったおすすめの転職エージェントをご紹介します。

当サイトのイチオシは、リクルートエージェントです。

なぜなら業界最大手でで求人数が最も多いから。

せっかく転職エージェントに登録しても、選択肢が少ないのは避けたいですよね?

ただし、リクルートエージェントは数を捌くために対応が雑になるという口コミもあります。

>>【リクルートエージェントが冷たいと感じた方必見】悪いのは担当者?会社?

理想はなるべく多くの会社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも最低限の比較ができるように2社以上には登録しておいてくださいね。

以上、残業40時間がありえない!と思われる方向けに記事を書きました。

【参考】転職で成功するために利用する人が急増中のキャリアコーチング

キャリアコーチングとは、キャリアアドバイザーやコーチと対面やオンラインで1on1面談を通して、転職サポートや自己分析などのキャリア支援を得られるサービスのことで、利用者が急増中です。

キャリアコーチングの無料相談は、マジキャリなら転職を考えていない人ビギナー向けです。

でんけん

ライザップや英会話スクールなどのパーソナルトレーニングを受けることができます。

転職活動を成功させるためには、過去の自分を振り返って「転職活動の軸」や「キャリアビジョンの設計」をつくり、言語化することが大切です。

今後のキャリアビジョンを描くなら、自分1人で考えるよりもプロと一緒に考えた方が正確でより実現性のあるキャリアビジョンを描くことができます。

\詳細はここから/

ABOUT ME
でんけん
旧帝大卒/大手インフラ企業サラリーマン/自身の経験を元に20代~30代の社会人に向けた記事を発信中