仕事・転職・キャリア

【大企業でも人生負け組?】大企業の社員は本当に勝ち組なのか。

大企業 勝ち組 負け組

大企業に入れば周囲から「勝ち組だね〜」などと言われ、

ネットでも「大企業 勝ち組」というワードは多くでてきますが、

「大企業で働くこと」「大企業の社員でいること」は本当に勝ち組なのでしょうか?

「働き方改革」「副業時代」「終身雇用の時代の終わり」という言葉が浸透してきた現代においては「大企業安定説」は終焉に向かおうとしています。

【関連記事】大企業はもう安定ではない?昨今の人員整理をまとめてみた

そんな現代に生きる、大企業の社員が今も「勝ち組」なのか。

それとも、”時代遅れ”として「負け組」になるのか。

大手インフラ企業で7年間働く私が、自身の経験から考察しました。

そんな私の見解は、

✔ 大企業には大企業なりのメリットがある
✔ ただし、生き方によって「勝ち組」になる場合も「負け組」になる場合もある

ということです。

この記事を読めば分かること

✔ 大企業の社員が”勝ち組”と言われてきた理由
✔ 大企業の社員でも”負け組”になるケース

大企業の社員=勝ち組と言われてきた理由

原因を考える

そもそも、大企業はなぜ勝ち組と言われるのか?

その大きな理由である次の3つの観点について深堀りしてご紹介します。

  1. 知名度と安定性の高さ
  2. 平均以上の収入
  3. 充実した福利厚生

勝ち組の理由①:知名度と安定性が高いことにより信頼されるから

大企業は、その知名度と安定性によりライフスタイルのあらゆる局面で有利に働きます。

結婚する際には、大企業に勤めていれば相手側の両親が快諾してくれる可能性も高いでしょう。

家を購入する際の住宅ローンの審査は通りやすく、

近所付き合いでも、「大企業で勤めている=しっかりした人」という印象をもたれ、良好な関係を築きやすいです。

このように、大企業で勤めていることは1つの”肩書”として人生のあらゆる場面で効果を発揮します。

勝ち組の理由②:平均以上の収入があるから

大企業と中小企業では平均年収に100万円以上の差があります。

実際に、大企業と中小企業の差は、入社したばかりの20代前半では大きな差は出ません。(大手商社、放送局、外資コンサルなどは例外)

しかしながら大企業の多くでは早くて30歳、遅くとも40歳ほどで年収1,000万円に到達することが多いです。(私が勤める大手インフラ企業では40歳で大台です。)

国税庁が発表している民間給与実態統計調査(平成30年)では、年収1,000万円を超える人の割合は給与所得者の5%と言われていますから、給与面では圧倒的に勝ち組と言えますよね。

勝ち組の理由③:充実した福利厚生があるから

大企業は社員数が多いため、いわゆる規模の経済が働くことによる福利厚生上の恩恵が大きいです。

考えられる福利厚生が次のとおりです。

  • 生命保険、損害保険などの各種保険の割引率が高い
  • 各種ローンの利率が低く設定されている
  • 財形貯蓄制度の利用により、銀行より高い利率で貯金が可能
  • 保養所などの会社が提携する娯楽施設が存在
  • リーズナブルな社員食堂
  • 家賃補助
  • 育児休暇の取りやすさ
  • 労働組合が存在し、労使交渉に強い
  • 自社サービスが無料で受けられる

大企業に所属するだけで、他の会社では受けられない恩恵を受けることができる点は、大企業=勝ち組と言われる1つの理由と言えます。

大企業の社員が負け組になるケース

負け組

前の章では、大企業が勝ち組と言われる理由についてご紹介しましたが、勘違いをしないでほしいこととして、

大企業へ入社≠人生勝ち組

ということです。

大企業に入社しても負け組になる可能性があると筆者は考えています。

その理由として、大企業で働くうえで次の2つのリスクが存在するからです。

  1. 意向の通らない人事異動や転勤
  2. スキルが付かなず、いざ転職しようとしてもできない

>>【大企業を辞める勇気なんてない】大企業で働き続けることはリスクが大きい?

大企業のリスク①:意向の通らない人事異動や転勤

大企業では人事異動や転勤が存在し、人事の命令には従わざるを得ません。

「本当は今の仕事を続けたかった。」

「今の仕事とは別の仕事をしてみたい。」

「僻地への転勤により家族と別居し単身赴任しなければならない。」

といったように、自分の意志のとおりライフプランを描くことができず、会社に依存する部分があります。

大企業に勤めたものの、地方勤務で本来の幸せを失ってしまうこともあります。

例えば、

  • 地元に居れば仕事でつらいことがあっても友人を誘うことができた
  • 1人地方勤務のため旅行に誘われることが減った
  • 地元の友人は皆結婚して相手にしてくれない
  • 高い車や時計を買っても「いいね」と言ってくれる人はいない

※あくまで一例です
実際に筆者も地方勤務時代がありましたが、地方ならではの生活は楽しかったですし、その後も付き合える友人を作ることもできました。

大企業のリスク②:スキルが無く転職したくても転職できない状況に陥る

大企業は、その待遇の良さゆえに「入ってしまえば安心」という”蟻地獄状態”の思考に陥る社員が多いと感じます。

大企業で7年勤めている私も、大企業の安定性は随所で感じることができますが、仮に会社が潰れて転職しなければならなくなった場合に私を評価してもらえる企業はあるのか?と思うほど特筆すべきスキルが身についていません。

「大企業に所属する安心」と「スキルが身につかないまま年齢を重ねる」が負のスパイラルを発揮し、最終的には転職したくても転職できず、現状の生活水準を維持するために会社にしがみつく人生を送ることしか選択肢が無い状況に陥るでしょう。

所属する大企業の仕事がいかにつまらなくても、やりがいがなくても、文句を言わずに働き続けるしかないのです。

果たしてそれは幸せとは言えるのでしょうか。

筆者はそうでないと思います。

大企業に入社できたとしても、現状に満足せずに自分を磨き続ける必要があるのです。

>>【関連記事】今すぐ転職しない人も転職サイトに登録しておくべきメリット

大企業にしがみつくしかない人生は勝ち組とは言えない

悩む 仕事

この記事では、大企業に入社すれば勝ち組なのか?について述べてきました。

最後にこの記事の要点をまとめたいと思います。

◆大企業=勝ち組と言われてきた理由

①知名度と安定性が高いことにより信頼されるから
②平均以上の収入があるから
③充実した福利厚生があるから

◆大企業の社員が負け組になるケース

①意向の通らない人事異動や転勤
②スキルが無く転職したくても転職できない状況に陥る

大企業では他の企業と比較し優れている点も今も変わらず存在します。

大企業に入社することを否定しませんが、良い面もある一方で、大企業にしがみつかざるを得ない人生を歩むことは、勝ち組から負け組に転落するリスクがあることをはらんでいる。

そのことを忘れずに会社員を続けていきたいですね。

大企業で勝ち組になれるかどうかは、あなたの向き不向き次第なところがありますので、大企業に向いていない人の特徴も合わせてお読みください。

『大企業に勤務する自分がぬるま湯につかっているのではないか?』

『もし転職しようと思った時に今と同じ待遇の求人があるのか?』

このような疑問を持たれた場合は、転職サイトで実際に求人を見てみると良いです。

転職サイトで求人を探すには会員登録が必要ですが、登録は無料です。

☑おすすめ転職サイト

リクナビNEXT

>>リクナビNEXTで求人を探す

①大手企業サイトならではの豊富な求人数
②独自のAIが膨大な求人から自分では探せない「ぴったり」を紹介
③登録した職務履歴書を見た会社からオファーが届くことも

ちなみに、転職エージェントなら、不安が大きい初めての転職活動も二人三脚でサポートしてもらえます。

転職エージェントは利用登録から求人検索はもちろんのこと、内定までのサポートまで完全無料です。

☑おすすめ転職エージェント①

リクルートエージェント 無料

>>リクルートエージェントで無料登録

① 業界最大級!10万件以上の非公開求人数
② 各業界・業種ごとに実績豊富なアドバイザーが在籍
③ 職務経歴書・履歴書などの書類の添削など充実した転職サポート

☑おすすめ転職エージェント②

リクルートエージェント 無料

>>マイナビジョブ20’sで無料登録

① 20代の転職を熟知するキャリアアドバイザーが専任でつき、内定まで二人三脚でサポート
② 9つの側面から自己分析可能なツールが使用できる
③ 東京・関西・東海地方の転職に強い

ABOUT ME
でんけん
旧帝大卒/大手インフラ企業サラリーマン/自身の経験を元に20代の若手社会人に向けた記事を発信中